#18 レディ・プレイヤー1

2018.04.20 Friday 13:45
0

    ”レディ・プレイヤー1”    "READY PLAYER ONE”    140min.

     

    僕はゲームをしません。

    でも面白かった。ゲームをする人はもっと面白いと思います。

    僕は映画をみます。

    だから楽しかった。映画を見ている人は僕と同じように楽しいと思います。

     

    オープニングの曲から気分マックスです。

    80年代の曲、映画、ポップカルチャー満載で無茶苦茶楽しい。

    日本のアニメ文化満載ですし、ラストはまさかの○○VS○○が見られます。日本では無理!

    キューブックのあの有名な映画○○も重要なシーンで。

    これは楽しいぞ。

     

    是非同年代の人と見てください。

    同じ時代をシェアした人とならもう話は尽きないのではないでしょうか。

    キャラクター探しも無茶苦茶楽しいし、あの映画のシーンじゃんっていうのも楽しい!

     

    ちなみに途中で出てくる”バカルーバンザイ”というのは、ビデオスルーで、ピーターウェラー、ジョン・リスゴー、ジェフ”フライ”ゴールドブラム、クリストファー”ドク”ロイドなどが出ている映画です。

     

    評価額 著作権とかどうなってるんだろ?  ¥1200−  7.9(IMDb)

    category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

    #17 ダンガル きっと、つよくなる

    2018.04.12 Thursday 18:49
    0

      ”ダンガル きっと、つよくなる”    "DANGAL"               140min.

       

      ダンガル=レスリング競技、の意味です。後半の邦題は馬鹿らしい、忘れてください。

      主演のアーミル・カーンのヒット作の邦題が”きっと、うまくいく”だったからですね、、、しょーもない。

      ちなみに、”3 IDIOTS"(3人の馬鹿)という原題です。”Three Amigos!"のオマージュでしょうか?

       

      気を取り直して、初インド映画です。(おそらく)

      僕の最も美しい女優TOP5には、インドの女性入ってますけど。

      上映時間が長い、踊り出すシーンがある、、、そういうイメージありますが。

      今回は140min.長くは感じませんでした。踊りも無かったです。

       

      最初に、Special Thanksみたいのや、動物を傷つけていません、とか出るんですね。

      大半がラストですが。

       

      なかなか初めてのインド映画、興味深く見ていました。

      歌の歌詞のくせがすごい!”ひどい””ひどいよ〜”とかコーラス入っています。

      もうストレート。何曲かそういう場面をそのまんま歌詞にしているのがありましたが、最後の曲は良かった。

      そして、”ダンガル、ダンガル、ダンガル〜” は帰り頭から離れなかったですが。

       

      話は、実話で。

      元、レスラーだったお父さんが、生活のために諦めたレスリング、金メダルの夢を娘に託す、と言う映画。

      自分の息子なら、絶対金メダル獲れると、信じていたんですが、娘しか生まれない、、、4人かな。

      上の2人のレスリングの才能に気が付き、2人をレスラーに。

      ただ、インドは女性の地位が低いんでしょうね。それとあまり宗教的なことは分からないのですが、周囲の目が、、、。

      しかもお金もありません、支援もありません。

      頑張れ、お父さん。

       

      インドではお父さんは絶対的な権力があるんでしょうか。

      親子ドラマ、家族ドラマとしても泣ける、スポ根映画です。

       

      今話題のレスリング。

      先ほど書いたみたいに、本編始まる前にいろいろ出るんですね。その中に協賛/日本レスリング協会みたいのが。

      思わず、ちょっと笑えちゃいます。

      そして、終盤。ナンちゃんに似た嫌なコーチが出てくるんですが。これもパワハラで、、、笑っちゃいましたが。

      このお姉さんギータは、あの栄コーチの娘に勝っています。

       

      この2人の活躍が、頑張ればインドの女性もオリンピックに行ける!と、勇気を与えたみたいです。

      ただ脚色が、、、そんなん無いでしょ、って。もしホントにあったなら恐るべしインドです。

      とはいえ、なかなか面白かったです。

      主演のアミール・カーンの身体もすごかった。

       

      評価額 この2人とも吉田沙保里と戦っています。ギータは伊調馨とも。  ¥1000− 8.6(IMDb)

       

      category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

      #16 ワンダーストラック

      2018.04.11 Wednesday 18:57
      0

        ”ワンダーストラック”    "WONDERSTRUCK"       117min.

         

        無茶苦茶泣きました!

        今年の拾い物TOP1(暫定)です!

         

        主人公のベン役のオークス・フェグリー君に惹かれて見ているうちに、作品にどっぷりと。

        どういう事?何?何?って。

        お話は、皆さんが絶対見たいっ!って上手く書けないので、簡単に。

        1927年と1977年のローズと、ベン。ベンが見つけた本の中にあった、本屋のしおり?をきっかけに2人の人生がある場所で交差します。

        そして、デビッド・ボウイの曲!泣けますね、、、

        前にも書いたけど、ボウイの曲が一番多く映画で使われていると思います。I miss him...

         

        カンヌではパルムドールにノミネートされたみたいですが、アメリカではそこまで評価されてないのかな。

        でも僕には、WONDERSTRUCK 驚きの一撃でした。

         

        1977年のNY、僕が行ったのは80年代ですが、その頃の感じ、雰囲気が懐かしく、良かった。

        怖い所だったんですよ、汚くて。

         

        そうそうラストのミニチュアでストーリーが語られていくところ、良い!好きです!

         

        評価額 クイーンズミュージアムでパノラマ見に行こう!  ¥1000− 6.3(IMDb)

        category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

        #15 レッド・スパロー

        2018.04.04 Wednesday 13:50
        0

          ”レッド・スパロー”   "RED SPARROW"            140min.

           

          ジェニファーちゃんです。

          そして最近売れている、ジョエル・エドガートン。

          そしてそして脇を名優さんが固めます。ジェレミーアイアンズ、シャーロットランプリング。

           

          映画は、ジャック・スパローとは何の関係もなく、ロシアが舞台のスパイものです。

          スパイもの好きです。でも名前や、関係や、もろもろが入り組んでて途中で分からなくなってしまい、、、

          しかし、この映画は分かり易かった。

          原作は実際CIAの工作員だった人のベストセラーらしいです。

          かなり、過激なシーンが多くエロシーンも多いです。

          冒頭に早速絶句するシーンがあり、口あけて顔そむけました、、、

          その後も2,3衝撃シーンが。

          ジェニファーちゃんの衝撃シーンも。

          身体はって頑張ってます。

          ”アトミックブロンド”のように、痛い格闘シーンは無いのですが、このまま続くと分からんぞ~。

           

          全然期待してなかったのですが、あれ?ちょっと面白いぞ、、、と。

           

          評価額 ジェニファーちゃんのぽっちゃりボディでは、ボリショイのプリンシパルにはなれないんじゃないかな。 ¥900−

          6.8(IMDb)

           

          category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

          #14 トレイン・ミッション

          2018.03.31 Saturday 18:01
          0

            ”トレイン・ミッション”    "THE COMMUTER"             105min.

             

            今ではすっかりアクションスターになってしまったリーアム・ニーソンです。

            今回は少しサスペンス?謎解きまでは行かないですがちょっとね。

             

            まあ、それがへ〜〜と言うところまでは行かず、今はやっていない、金曜洋画劇場とかで見るには楽しいかも。

            それか、本で読むと面白いかも。

             

            まあいろいろあるんですが、あんだけの脱線事故、、、みんな元気ってあり得んですし。

            元警官と言うのもありがち、、、

            パトリックウィルソン出た時に何となくね、、、

            といろいろ書いても意味がない。

             

            96時間は続編できましたが、これはないかな〜。

             

            評価額 とはいえ、リーアム作品、次あっても見に行っちゃいます。 ¥700− 6.4(IMDb)

            category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

            #13 ペンタゴン・ペーパーズ

            2018.03.31 Saturday 17:09
            0

              ”ペンタゴン・ペーパーズ”      "THE POST"               116min.

               

              面白かったです。

              こういう重みのあるサスペンス好きです。しかも実話。

              1971年との事で、リアルタイムでは知りません。

              でも、こんな事があったんだ、、、と。

               

              ワシントンポスト紙で起きた出来事です。

              まだこの頃は地方紙だったのかな。

              ベトナム戦争に関する隠された事実が記された最高機密文書。”ペンタゴン・ペーパーズ”

              ニューヨークタイムズでスクープされるんですが、一歩遅れたワシントンポストも必死で手に入れようと。

              しかもニクソン大統領政権も必死で阻止しようとします。

              さあ、手に入れたポスト、公表すれば会社の将来は危なくなり、従業員すべての生活が懸かってきます。

              公表しなければ、言論の自由、政権に屈することになります。報道と経営の二者択一を決断しなくてはいけない女経営者。

              どうなるでしょう。

               

              今の大統領も露骨にマスコミ批判していますが、政治と新聞の構図というものがあるんですね。

              日本でもその辺はきちんと。

               

              このペンタゴンペーパーを新聞社に持ちこんだダニエル・エルスバーグさん。

              後に起訴されたけど控訴棄却の判決を受けて、平和運動に参加して核廃絶の団体を主宰されているんですって。

              そして、トムハンクス演じる、ベン・ブラッドリーさん。

              伝説的な編集主幹と呼ばれているらしいです。

              この次の年にワシントンポスト紙は、ウォーターゲート事件へと突入するのでした。

               

              評価額 ウォーターゲート事件の記事を書くウッドワードさんと、バーンスタインさん。この事件の時に編集室にいたのでしょうか?もしかしたら本編中に出てくる?今から見る人教えて。 ¥1000−   7.3(IMDb)

               

               

               

               

              category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

              2018.03.26 Monday 17:05
              0

                僕は本を読むんですね。

                まあ、なるべく読もうとしているだけなんですが、一回読みだすと、なぜかいつも本を持っていないと落ち着かない。

                かと言って、全然読まない日も何日もあるし、枕元まで必ず持って行っていくんですが、ただの枕になっていることがほとんど。

                集中力の足りないのと、目が疲れるのが主な原因ですが、それでも続けて読もうとは思っています。

                読むスピードは無茶苦茶遅いんですが、、、

                 

                そして、パソコン、スマホこういうコンピューター関係も嫌いではない。

                ただ分からない、、、問題起きた時の対処ができない、、、

                しかし、余裕もないのにパソコン、スマホ、タブレット、AIスピーカー一応持っています。

                新し物好きなのでしょうか。

                使いこなせないんですよねぇ、、、周りに詳しい人が一切いないのも原因の一つですが。

                 

                で、Kindleってありますよね。

                電子本。

                気になっていたんですが、結局持ち運びもあれだし、文庫本の方が楽だし、容量?通信料?なんかいろいろ分からないし、と見てみぬふりしていました。

                ふと、タブレットいくらだろうと思って見ていたら、アプリもあるって。

                無料。

                一応入れてみようとしたら、以前にも興味あってやってみたみたいで、一旦ダウンロードしてあって削除してありました。

                サンプルもダウンロードしてありました。

                では、ためしに一冊買ってみようと、漫画を一冊。

                すると、タブレットで読むと大きさも良いし、スマホでも同期するんで読めるんですね。

                しかもおそらく、、、買った時にダウンロードしてあるので、もう電波とか関係なくどこでも読めちゃう。

                そして、これが便利で皆電子本にしてるんだと思いますが、読み終わった後の本がかさばらない。

                 

                僕は、家に置くスペースがないので、スタジオの後ろに私設図書コーナー作って置いてあるんですが、それも数が多くなってきて、処理に困る。

                がこれだと置く場所に困らないんですね。

                このまま買っていくと、おそらくいつも自分の本がスマホの中に入ってて、全冊持ち歩いていることになるのでは。

                なんかすごい、、、

                スタジオの置きたい本は、文庫本で買ってあとは、Kindle。

                自分で一番助かるのは、本を読むために寝る時も電気をつけてて、寝る時に消しに行く、、、

                が、タブレットだと、真っ暗でも、タブレット自身の明かりで読める。これは便利!

                タブレットが枕になる日もあるかと思いますが、、、

                 

                なんか気に入っちゃった。

                そんなことKindleが出た時から分かっている人も多いと思いますが、やっと気づいた。

                しかも少し安く買えるのかな。

                もちろん、紙の本は絶対捨てがたいので、当分は両立させよう。

                 

                ちなみに、買った漫画。

                小林まこと(僕たちのバイブル”1・2の三四郎”書いた人)の本です。

                原作は長谷川伸さんといって、舞台劇の戯曲なども書いている大正・昭和の文豪です。”大衆文学の父”とも呼ばれた方です。

                義理と人情の話には涙が出ます。

                ”関の弥太っぺ” ”沓掛時次郎” ”瞼の母” ”一本刀土俵入り”など、聞いたことあるものも。歌にもなっていますね。

                時代劇でもいっぱい演じられているみたいです。鶴田浩二、菅原文太etc.

                その原作を、小林まことの今までの作品のキャラクターが演じるという形になっています。

                面白い!

                一冊は持っていたんですが、結局全冊買っちゃいました。

                こりゃ、昼ごはん節約しないといかんぞ、、、

                 

                今度は長谷川伸作品集を手に入れよう。

                その前に家に買ってある本を読んでしまわないと。

                 

                 

                category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

                もろもろ

                2018.03.16 Friday 13:52
                0

                  最近は、観たい映画が無く(あるんですが、吹き替え、、、)、書くことがなくてご無沙汰していました。

                  他の事を書けばいいのですが、う〜〜〜ん、それこそ無く。

                  TAPについて?

                  う〜〜ん。

                  今はほんとに便利な世の中で、いつでも以前なら見られなかった映像をあっという間に見られます。

                  見る事も大事なことなので、皆さん見てください。

                  という事で自分も見るのですが、最近のお気に入りは ”Chuck Green and Ralph Brown"の1972年のパフォーマンスです。

                  BS Chorusから始まって、途中バンバリーナも入っているかな?ソロもあって最後またBS Chorusに戻って終了。

                  素晴らしい!

                  もちろん”JimmySlyde"の1958年のパフォーマンスは僕の永久保存版入りです。

                  素晴らしい!

                  僕が生まれたのが、1965年。それくらいの時期ですよ。そんな時にこんな完成されたものがあるなんて、、、

                  本人たちは、完成なんて思っていないでしょうが。

                  がんばろ。

                  あ、お気に入りのCD.

                  Steven Tylerの初ソロアルバム!(70才)

                  いつ出たのかは知りません。出たことも、去年ソロLIVEで日本に来ていたことも知らなかった!!!

                  この手の情報が最近は西の方から入ってこなくて。

                  知っていれば行ってた!う〜〜〜ん、おそらく。チケット取れなかったでしょうけど、行きたかった。

                  LIVEリポート読んだだけで、鳥肌、涙、、、

                  おすすめアルバムです。カントリーです。not Rock ♪

                  最近はLiveも行かないねぇ。

                  category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

                  #12 ブラック・パンサー

                  2018.03.08 Thursday 16:23
                  0

                    ”ブラック・パンサー”     "BLACK PANTHER"              134min.

                     

                    もう留まるところを知らず膨張し続けるマーベルワールド。

                    前回の”シビル・ウォー”から参加したブラック・パンサーのスピンオフ作品。

                    次の”アベンジャーズ”にも出るので、チェック。

                    何より、アメリカで無茶苦茶受けてます。凄いです。

                    この前のアカデミーでも司会者が、ブラック・パンサー使ってました。

                    まず、オール黒人映画であること、監督は男性だけどスタッフは女性、と、今までにない少数派で組織されている。そしてアフリカンな装飾などが今までになくユニークとの事。

                    そして、アフリカの歴史、アメリカの黒人の歴史も踏まえてあるのでしょう。

                    それらが作品を深いものにしているのでしょうね。

                     

                    ただ、僕はその辺詳しくないので、、、

                    その深さを単に知識としてしか踏まえられないのが残念。

                     

                    映画は町山さん曰く、”ライオンキング”のスーパーヒーロー版。確かに。

                    王子の成長映画です。

                    ”シビル・ウォー”のシーンも出てくるから、その後の話なんですね。

                    あの時は、まだ成長しきってなかったんだ。

                    なかなかインパクトあって好きだったけどな、キャプテンアメリカ側についたんだったかな。

                    相手役のキルモンガーがカッコ良かった。

                    そうそう、”GET OUT"の主役ダニエル・カルーヤが出てました。

                     

                    評価額 エムバクは北斗の拳に出てきそうなキャラでした。 ¥800−   7.8(IMDb)

                    category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

                    #11 シェイプ・オブ・ウォーター

                    2018.03.01 Thursday 13:01
                    0

                      ”シェイプ・オブ・ウォーター”     "THE SHAPE OF WATER"           124min.

                       

                      ギ・レ・ル・モです!

                      一番好きな監督の一人。

                      監督作品は全部見ています。本も書いてて、ドラマ化もしています。”ストレイン”。読破はしていませんが読んでいます。

                      ”パンズラビリンス”のデザインが好きで、生徒さんに本?もっと豪華なデザイン本もいただきました。

                      ”ヘルボーイ”が好きで、頼むから続編3作目やってくれ〜〜!と願っています。

                       

                      映画ですが、アカデミー賞の有力候補になっています。

                      まさか、ギレルモが、、、

                      以前にも”パンズラビリンス”で撮影、美術、メイクアップ賞獲っているんですね。その時は作品賞はノミネートされていないですが。

                      全米批評家協会賞では作品賞獲っています。

                      せつなく、残酷で、哀しい。しかし美しくて。そんなおとぎ話の映画でした。

                       

                      今回も、基本は変わっていません。ずっとテーマとして持っているものは変わらないのでしょう。

                      ”美女と野獣”は、人は外見じゃない、というテーマなのに何故ヒロインも美人、王子もハンサム?。

                      そんなアンチ”美女と野獣”から、きれいきれいしていない、ときにエロティックなギレルモ印おとぎ話が。

                      主演のサリー・ホーキンスも良いし、マイケル・シャノンも怖い。良いです。

                       

                      最近、映画LOVEの映画にはミュージカルシーンが。

                      しかもTAP。嬉しいですね。

                      今回は、ボージャングルも出てきます。あ、シャーリーテンプルもね。

                       

                      この前盗難疑惑が出ていましたが、昔から一貫して書いていることなのでねぇ、、、。いまさら。

                       

                      マイノリティ、監督は”The Others(非主流派)"と言っていますが、そんな世界の片隅に忘れられた人たちの愛の物語、おとぎ話。

                      さあ、アカデミー作品賞取れるでしょうか?

                       

                      評価額 監督、顔に穴好きやな。  ¥1000−  7.7(IMDb)

                       

                       

                       

                       

                      category:- | by:ミサオcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Selected entry
                      Archives
                      Recent comment
                      • #63 GODZILLA 怪獣惑星
                        natsu
                      • #48 泥の河
                        misao
                      • #48 泥の河
                        ローズ
                      • #64 シン・ゴジラ
                        misao
                      • #63 君の名は。
                        misao
                      • #63 君の名は。
                        natsu
                      • #64 シン・ゴジラ
                        natsu
                      • #60 怒り
                        misao
                      • #60 怒り
                        みえ
                      • JASON's Workshop
                        Takeoka
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM